顎顔面矯正とは

近年、お子様の顎の骨の小型化と、歯の大きさが大型化している傾向にあり、小さい顎に大きい歯が生えてくると歯が綺麗に生えてこないため不正歯列、不正咬合になるお子様が多くなっています。
その根本的治療として、『顎顔面矯正』という方法があります。

顎の骨の発育が不足している方には、永久歯が健康的に生え揃えるために『顎顔面矯正』が有効です。
顎顔面矯正は、乳歯期〜混合歯列期に行う治療で、上顎骨急速拡大装置という固定式の矯正装置を使用して上顎の成長をコントロールしながら顎の骨を広げて、正しい顎の成長を促します。
顎顔面矯正を行うことで、不正歯列の改善・予防、鼻呼吸になる、姿勢が良くなる等の効果が期待できます。

お子様の歯並びや噛み合わせが気になる方は、お気軽に当院にご相談ください。

「⻭ぎしり・食いしばりの医院での治療法〜ボトックス注射〜

今日も⻭ぎしり・食いしばりの治療法についてお話ししたいと思います。
最後にご紹介するのはボトックス治療です。

ボトックスというと、美容のイメージをお持ちの方が多いですが、 ⻭科で行うボトックス注射は『顎関節症』や『⻭ぎしり・食いしばり』の治療が目的です。 咬筋は、エラとも呼ばれる発達しやすい筋肉で、ものを咬む時に使う筋肉です。 咬筋にボトックスを注射すると咬筋が緩むので力が弱くなり、⻭ぎしり・食いしばりの改善、 顎が疲れなくなった、頭痛・肩こりなどの“根本的な改善”につながります。
ボトックスのさらなる効果は発達したエラが小さくなるという利点もあります!

コロナストレスによって普段以上に⻭ぎしり・食いしばりの方が増えています。 当院では、マウスピース治療、レーザー治療、鍼治療、ボトックス治療の4種類あります。 みなさんのお悩みや、生活スタイル、苦手なことなどを一緒に考えて、改善のサポートをさせて 頂きますので、気づいた今からぜひご相談いただくことをお勧めします。 詳しくは当院までお尋ねください。

「⻭ぎしり・食いしばりの医院での治療法〜鍼・レーザー治療〜

今回も⻭ぎしり・食いしばりの治療法をご紹介いたします。
前回ご紹介したマウスピースは、人によって嘔吐反射の出る方、煩わしいからマウスピース自体が苦手という方もいらっしゃいます。そんな方のために、⻭ぎしり・食いしばりを予防する方法は他にもあります。

まずはレーザー治療です。

顎関節の辺りにレーザーを照射しマッサージを行うことで、顎周りの筋肉や顎関節に蓄積した老廃物を排除し、滞った血液やリンパ液の循環を改善します。その結果として血流が良くなり、顎関節の動きがスムーズになることで痛みや違和感などの緩和につながります。

次は鍼治療です。噛み締める時に使う筋肉を『咬筋(こうきん)』と言います。⻭ぎしりなどで硬くなった咬筋に鍼を打ちます。鍼を打った部位の筋肉の緊張を緩め、短期的ではありますが、⻭にかかる負担を弱める効果が期待できます。

この他にもボトックス治療という治療方法もあります。また次回説明していきますね!

「⻭ぎしり・食いしばりの医院での治療法〜マウスピース矯正〜

皆さんは⻭ぎしり・⾷いしばりでお悩みの⽅はいませんか?
無意識に⾏われている⻭ぎしり・⾷いしばりは、そのまま放置していると様々な悪影響が起こります。
『⻭が割れる』など⼝腔内の影響だけではなく、頭痛や肩こりなどの全⾝の不調にもつながります。
家族に⻭ぎしりを指摘された⽅や、朝起きると顎が疲れている⽅に、当院における治療法をいくつかご紹介します。

本⽇はマウスピース治療法です。

マウスピース治療法は、患者様の模型を採取し、それに合わせて作製したマウスピースを就寝時などに装着していただく⽅法です。
⻭ぎしりや⾷いしばりは顎や⻭に⼤きい持続的な⼒がかかり、その負荷は、⾃分の体重の2~5 倍ほどにもなると⾔われています。
マウスピースをすることでその⼒を弱める効果があります。⻭や顎に不安がある⽅は、ぜひお気軽にご相談ください。

次回は、レーザー治療法、鍼治療についてお話します。

ウェアラブル筋電計

睡眠中の⻭ぎしり・食いしばりは『睡眠時ブラキシズム』と呼ばれ、⻭周病の悪化をはじめとする口腔内疾患のさまざまなリスクファクターになることが分かっています。
当院では睡眠時の⻭ぎしり検査ができる『ウェアラブル筋電計』を患者様に貸し出しておりますので、ご自宅で簡単に測定することが可能です。

ウェアラブル筋電計で『⻭ぎしり音』『起床時の顎の痛み』などの睡眠時ブラキシズムがデータ化され、これによって“どのタイミング” “どの程度の負荷” がかかっているか分かります。
測定したデータを元に、診断し治療方法を選択します。
貸し出しは1週間で、使い方は電極のシールを頬に付けて寝るだけです。返却は郵送になります。

睡眠時の⻭ぎしりなどを筋電計で把握することは、 患者様の⻭をお守りするた めに大変重要なデータになります。 当院ではできるだけ正確な診断をすることが大事だと考えております。興味の ある方はぜひご相談下さい。

スラープスワロー

スラープスワローは、正しい飲み込み方を覚えるトレーニング法です。
このトレーニングでは、舌を上につけて飲み込むことと、舌の脇を使って水を奥に集めることを訓練します。
正しい飲み込みができない方や、口唇の筋肉が弱い方、鼻呼吸がうまくできない方などに最適なトレーニング法です。

では、スラープスワローの正しい手順をご紹介します。
まず、ストローと水を入れたボトルスプレーを準備します。
舌先をスポットに置き、舌全体を上顎に吸い付けます。
奥⻭でストローを噛んだ状態で、口の横からスプレーで水を入れます。
水を吸い込んで飲みます。以上です。

また、鏡を見ながら行うとトレーニングしやすいでしょう。
普段口を開けっ放しにしている方や、お子様のお口の癖が気になる方などは、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

ポスチャー

ポスチャーは、 舌を常に上顎につけておく意識づけをするトレーニングです。
舌が上顎についていない方や、口をぽかんと開けていることが多い方、 普段食べこぼしが多い方などにおすすめのトレーニング法と言えます。

では、ポスチャーの正しい手順をご紹介します。 まず、ストローを準備します。 次に、舌先をスポットにつけ、ストローを噛んで軽く口を閉じます。 できるだけ舌の力で上顎に吸い付けるようにします。
この状態を 5〜30 分ほどキープします。
テレビを見たり読書をしたりなど、話をせず、できることをやりながら行うと良いでしょう。 初めは 5 分程度、慣れてきたら 10 分、15 分…と徐々に時間を延⻑して行います。

口呼吸を続けていると、⻭並びに悪影響を与える可能性があります。
お口の癖が気になる方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

ポッピング(舌を持ち上げる練習)について

ポッピングは、⾆を持ち上げる⼒をつけるトレーニング法です。
無意識で⼝を開けたままになっている⽅や、
⼝⾓が下がっている⽅、⾆の筋⾁が低下している⽅などにおすすめです。
このような⽅は、正しい⾆の位置を習得するためのポッピングを⾏いましょう。

それでは、ポッピングの正しい⼿順をご紹介します。
⾆先をスポットに置き、⾆全体を上顎に吸い付けます。
⾆の裏のひも(⾆⼩帯)を伸ばしながら⼝を⼤きく開けます。
上顎から⾆を勢いよく離し、ポンっと⾳を⽴てます。
⾆の先がスポットにあり、⾆全体がぴったりと上顎に吸い付けられていることが理想的です。
トレーニング法がよくわからない⽅や、⼝呼吸が気になる⽅などは、ぜひお気軽にご相談ください。

舌のポジション(スポットポジション)について

スポットポジションは、舌を正しい位置に導くトレーニング法です。
舌の筋肉が低下している方やいびきをかく癖がある方、口呼吸が習慣化している方などにおすすめです。
舌の位置は⻭並びに大きく関わっているので、 お口がまだ成⻑中のお子様にも良いでしょう。お子様は、早い時期から舌の癖を治しておくことが大切です。

では、スポットポジションの正しい手順をご紹介します。
まずは、鏡や棒などを使って感覚的に「スポット」を探します スポットは上顎裏⻭茎のヒダ中心部分にあります。 見つけたスポットに舌先をつけます。以上です。
鼻呼吸している時や物を飲み込むときなどに、常に舌先がスポットにあるように意識します。
舌の位置が安定しない方や、口呼吸が気になる方などは、ぜひお気軽にご相談くださいね。

禁煙が口腔内に与える影響について

喫煙をすると歯茎の抵抗力を下げ、
自己修復する働きを弱めてしまいます。
喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病の進行速度が早く、
悪化しやすいことがわかっています。

日本臨床歯周病学会によると、
歯周病になるリスクは「1日に10本以上の喫煙では5.4倍」、
さらに10年以上の喫煙では4.3倍に上昇するとの報告があります。

禁煙をすると歯を支える組織の状態が良くなるため、歯周病のリスク、
口腔ガンのリスクが減少し、味覚が正常に戻ります。

もちろん禁煙による影響は口腔内だけではありません。
危険因子がなくなることによって、全ての臓器も同様にがんを始めとする病気のリスクが減少します。
さらに、家族や友人などの受動喫煙による副流煙の心配もなくなります。

禁煙による効果は計り知れません。
ぜひこの機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

歯周病の治療に関するご相談など、当院にお気軽にお尋ねください。