禁煙が口腔内に与える影響について

喫煙をすると歯茎の抵抗力を下げ、
自己修復する働きを弱めてしまいます。
喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病の進行速度が早く、
悪化しやすいことがわかっています。

日本臨床歯周病学会によると、
歯周病になるリスクは「1日に10本以上の喫煙では5.4倍」、
さらに10年以上の喫煙では4.3倍に上昇するとの報告があります。

禁煙をすると歯を支える組織の状態が良くなるため、歯周病のリスク、
口腔ガンのリスクが減少し、味覚が正常に戻ります。

もちろん禁煙による影響は口腔内だけではありません。
危険因子がなくなることによって、全ての臓器も同様にがんを始めとする病気のリスクが減少します。
さらに、家族や友人などの受動喫煙による副流煙の心配もなくなります。

禁煙による効果は計り知れません。
ぜひこの機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

歯周病の治療に関するご相談など、当院にお気軽にお尋ねください。

タバコが口腔内に与える影響について

タバコがどのように歯に悪影響を与えるかご存じですか?

喫煙は人体に悪影響を与える事はすでにお分かりだと思いますが、
口腔内にも大きな弊害があります。
紙タバコは唾液の分泌を抑制してしまい、唾液の持つ自浄作用が減少するため、
口腔内が不潔な状態になってしまします。
中でもニコチンは歯茎の血管を収縮させて血液の流れを悪くします。
そのため栄養や酸素を滞らせ歯茎の抵抗力が下がり、歯周病が進行します。
紙タバコ喫煙者はニコチンやタール特有の「タバコ」の臭いに加え、
歯周病の悪化と共に口臭がひどくなります。
またタールは歯に付着してヤニがつき、
更にニコチンの影響で毛細血管が収縮し歯肉が黒ずんできます。
一方で電子タバコ喫煙者の口腔内は、
非喫煙者と比較してプラーク指数や歯周ポケットの深さは高いことが明らかになっていますが、
紙タバコ喫煙者と比べるとヤニもつきにくく歯周病への影響も少ないようです。

紙タバコと電子タバコの違いについて


紙タバコの葉の成分には約4000種類以上の化合物が含まれていて、
熱を加えることで人体に悪影響を及ぼす有害物質が発生します。
中でもタール、ニコチン、一酸化炭素は三大有害物質と呼ばれ、
ニコチン、タールには発がん性が認められていて、
一酸化炭素は、組織の酸素欠乏を引き起こす可能性がある成分です。
この三大有害物質は口腔内にも多大な悪影響を及ぼします。

電子タバコとは、
火を使わずに熱伝導で香料をつけた液体を温め気化させた水蒸気を吸うタバコのことで、
煙が出ない上にわずかな匂いだけです。
電子タバコには発がん性のあるタールが含まれていないので副流煙の心配はまだ確認されていません。
どちらにしても喫煙すること自体が歯周病の最大の危険因子と言われていて、
喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の方が歯周病になる確立が約3倍も高いそうです。
しかし紙タバコの人体への影響を考えると、電子タバコに切り替えるメリットはありそうです。

タバコが歯に与える影響について

今回はタバコが歯に与える影響についてお話しします。

タバコは人体に悪影響を与えます。
タバコを吸い続けることで様々ながんの発生リスクが高まります。
がんの他に三大生活習慣病である脳卒中や心臓病になるリスクが高くなると言われています。
またタバコの煙が最初に通過する口は、喫煙による悪影響が最初に貯まる器官なので注意が必要です。
長年にわたってタバコを吸い続けることで血管が詰まりやすくなり、動脈硬化が進行し、脳卒中や脳梗塞、くも膜下出血、心筋梗塞、糖尿病などを引き起こします。
口腔内への影響としては、歯周病悪化、歯茎からの出血、歯茎が黒くなる、口腔免疫力の低下、
など他にも悪影響は多々あります。
美容の面では、肌がくすみ、シワが増えるなど、実年齢よりも老けて見られてしまう傾向にあります。
終わりの見えないコロナ時代、W H Oによると喫煙者は新型コロナウィルスへの感染で重症化するリスクが高いことが明らかになったと報告されています。
できるだけ禁煙するように心がけましょう。

歯みがき以外のケアについて

みなさんは歯磨き以外にケアしていることはありますか?

「大人の歯磨き事情」に関する調査で、歯をちゃんと磨いているのに虫歯になったことがある」
と回答した方が6割以上もいました。
そこで歯磨き以外の歯のケアをしているか調査しました。

「歯磨き以外に歯のケアとして何を行っていますか?」と質問したところ、
『特に何もしていない』が一番多かったです。

また、「歯磨き粉を購入する際に重視するポイントは?」という質問に対して
『歯周病予防』『値段』『特に気にしない』という方が多く、
年代別調査では20~30代は『値段』、40~60代は『歯周病』という結果になりました。

値段にこだわってしまうあまり虫歯や口臭のケアがしっかりとできず、
それが蓄積され年を重ねるにつれて歯周病や歯石に悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。
そのため40代以降の方は歯周病に悩む方も多く、
「歯周病予防」が期待できる歯磨き粉を選んで使っている方が多いのかもしれませんね。

正しいお口のケア方法や、おすすめの歯磨き粉など、疑問に思うことはお気軽に当院にご相談ください。

歯を磨いても虫歯になる?

「大人の歯磨き事情」に関する全国調査を実施しました!

「教えてもらった通りに歯磨きができているか」 という質問で
6割近い方が『できている・ややできている』と回答しました。
しかし、「歯をしっかり磨いていても虫歯になったことがあるか」という質問をしたところ、
6割以上の方が『ある』と回答しました。
ご自身ではしっかり磨けていると思っていても虫歯になってしまう方が多くいます。

その中には「毎日3回以上磨いてフロスもしているけど虫歯ができた」
「毎日指導されたブラッシングをしていても虫歯になった」
「毎日30分以上磨いているのに虫歯ができた」など、
ちゃんと磨いているのに虫歯ができたという方がいます。
これは、虫歯ができやすい傾向にある、
または磨き方の癖で磨けているつもりでもしっかり磨けていないなど、原因が必ずあります。
その原因を歯医者さんと一緒に見つけることが出来れば、その後の対策もお伝えすることができます。

虫歯は早期発見が鍵となります。
定期検診で歯をチェックしてもらう習慣をつけておくことをおすすめします。

正しい歯磨きの仕方

みなさんは正しい歯磨き、できていますか?

「大人の歯磨き事情」に関する調査で、「虫歯」のお悩みが一番多いことがわかりました。
虫歯にならないためには正しい歯磨きを毎日行うことが大切です。

そこで虫歯予防に大切な
“正しい歯磨きの仕方”について質問してみました。

結果は、7割の方が「正しい歯磨きの仕方を教わったことがある」とのことでした。
逆に『ない』と回答した方が3割というのは多い印象でした。

歯医者に行くと、歯科衛生士がブラッシング指導として正しい歯磨きの仕方や、
その方の歯磨きの際の癖を見極め、注意深く正しい歯磨きの仕方を教えてくれます。

また、「教わった通りに歯磨きができているか」と質問したところ、
4割を超える方が『できていない』『忘れた』と回答しています。

定期的に歯医者に通うことで、「日頃の歯磨きでどこに磨き残しがあるか」や、
「歯周ポケットが深くなっているところのケアの方法」など、“ご自身の口腔内を知る“ということにつながります。

毎日歯みがきをするように、習慣のひとつとして
歯科医院での定期的なチェックをおすすめします。

歯の悩み

みなさんはお口についてお悩みはありますか?
今回は、全国20代~60代の男女を対象に「大人の歯磨き事情」に関する調査を実施しました!

その結果は、、、やはり全体で虫歯・歯周病・歯石・口臭のお悩みが多いようです。

また、年代別に見ると20~30代の世代では虫歯・口臭、
40代以降の方は、虫歯の他に歯周病、歯石といったように、
年代によって悩みが違うようでした。

続いて、歯の定期検診の頻度について質問したところ、
なんと半分近い方が「何か異変がない限り行かない」という結果でした。
まだまだ予防歯科が広まっていないという現状を突きつけられました。

症状が出てから歯医者に通うと、治療が長引いてしまうこともあるので、
定期的に歯医者に通うことが大切です。

「一生涯、ご自分の歯を健康に保って美味しく食事がいただける」というのが理想ですが、
そのためには歯を大切にする意識と、正しい知識が重要になります。

ご自身でできるケアもご紹介いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

歯周病の初期症状チェック

「歯ぐき腫れたり、出血してませんか?」

歯周病は、歯の周囲の汚れのなかに含まれる細菌の毒素で歯ぐきに炎症が起き、歯を支え
る骨が溶けていく病気です。

歯周病は歯ぐきに炎症が起きて、腫れたり、出血しやすくなったり、また歯を支える骨が
溶けていき、歯がグラグラしたり抜けたりします。

初期段階ではなかなか自分自身で自覚できるような症状がないため、
中々わからない病気です。
主な症状は、

•朝起きたときに、口のなかがネバネバする。

•歯みがきのときに出血する。

•硬いものが噛みにくい。

•口臭が気になる。

•歯肉がときどき腫れる。

•歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。

•歯がグラグラする

など、
少しでも気になったらすぐに
クリニックにご相談下さい。

1日に効果的な歯磨きの回数

みなさんは、1日何回歯磨きをしますか?

朝と寝る前という1日2回という人が7割以上。
毎食後の歯磨きが理想ではありますが、難しい方も多いと思います。

朝はもちろんですが、就寝前が重要です。
就寝中に虫歯や歯周病は進行しますので、特に就寝前はしっかり歯磨きをすることをおすすめします。

歯磨きは回数よりも、磨き方が大切です。
1カ所を20回以上歯並びにあわせて磨いてください。
歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが必要、歯垢(プラーク)を取り除いてむし歯や歯周病などにならないようにすることです。
歯垢(プラーク)とは生きた細菌のかたまりで、むし歯・歯周病などの原因となります。
乳白色で歯と同じような色をしており、舌で触るとザラザラした感触があれば、それは歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)は、水に溶けにくく粘着性があるため歯の表面に付着し、うがいでは取り除くことができません。
「歯と歯の間」
「歯と歯ぐき(歯肉)の境目」
「かみ合わせの面」
などがつきやすいところです。
ハブラシの毛先を届かせるように意識して歯磨きをしましょう。

飲食後は細菌が糖分を使って酸を作り出すため、歯の表面は酸性状態となり、カルシウムやリンなどのミネラルが溶け出してしまいます。
元の中性状態に戻るには40分ほどかかりますが、その間はミネラルが溶けやすい状態が続きます。
そのため、1日3回「食べたら歯磨き」の習慣をつけ、細菌と歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。

1日3回、しっかり丁寧に歯磨きする習慣をつけていきましょう。