令和2年5月7日以降の緊急事態宣言に対する対応について

パラシオン歯科医院では、5月6日までの緊急事態宣言に対して下記の対応をさせていただきました。
①診療時間の変更はしない。
②緊急性のある処置、また継続しなければならない処置のみを中心に行う。
③定期管理については、極力5月7日以降に変更。

5月7日からの緊急事態宣言の延長についても基本的に同様の対応を取らせて頂きます。
ただ、③の定期管理については、4月中に相当数の患者様に変更をお願いすることで、今後の治療の際に受付等が密にならないようにアポイントの調整が完了しています。また、院内の感染防御もできうることは最大限実行に移すことで診療を続けています。

ご心配の場合は、お電話をいただき、患者様ご自身の口腔状態がアポイントを先に延ばして良いかを担当の歯科医師または歯科衛生士と相談して頂ければ幸いです。

2020年4月 緊急事態宣言に対する対応について

当医院は今般の新型コロナウィルス拡大に伴う、緊急事態宣言の地域に含まれております。
政府の要請に答えながら、皆様に有益な診療体型を模索しました。
答えとして、5/6までのこの期間は

①診療時間の変更はせず診療します。
②緊急性のある処置、また継続しなければならない処置のみを中心に行うこととしました。
③定期管理については、極力5/7以降に変更すべきではないかと考えています。該当する患者様には、適宜お電話させて頂きます。予定の変更をお願いすることになりますがご協力お願いします。
①②③の結果、待合室が混み合うことを防ぐように、最善の努力をします。

世の中が、平穏になった時にお会いできる事を楽しみにしております。